Deprecated: Function ereg() is deprecated in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/6/5/sd0185165/namara.org/otoshimonosagasi/index.php on line 3

Deprecated: Function ereg() is deprecated in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/6/5/sd0185165/namara.org/otoshimonosagasi/index.php on line 5

Deprecated: Function ereg() is deprecated in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/6/5/sd0185165/namara.org/otoshimonosagasi/index.php on line 7
落し物 探し

よくある落し物

よくある落し物は携帯電話、デジカメ、ノートパソコン、財布などの個人情報がつまったものが多いようです。一度、携帯電話を落として一日中探したことがあります。探しても見つからないのが落し物ですよね・・・。そんな時に落し物を探し出すにはどうしたらいいのでしょうか?

落し物をしたときは?

落し物をした時は、まずはあせらないで落ち着きましょう。落し物をしたと気づいた時までの行動をたどれば落し物を探し出せることがあります。

経験上の話ですが、落し物をしたと気づいたときに頭のなかでその日の行動を思い出しすとお昼を食べたお店に忘れ物をしてたということがありました。時には落し物だと思い探し回りあきらめて家に戻るとテーブルにあったということもありました・・・。

携帯電話やクレジットカードの金銭に関わるものを落としてしまった時は悪用される可能性があるのでコールセンターに連絡をして一度止めてもらいましょう。昔の同僚は財布を落としてからしばらくしてローン会社から身に覚えのない請求が来たことがあります。

落し物をしないためには?

落し物は探しても見つからないことが多いです。探しても見つかる可能性の少ない落し物をしないためにはいつも物の入れておく場所を決めておくだけでも落し物はしなくなると思います。また、出かける前にカバンの中身を確認するというのもいいですね。そうすれば落し物は必ず減ります。

落し物 探しのサービスは?

どんなに注意しても落と物をしてしまうことがあります。そんな時に落し物を探してくれるサービスはあるのでしょうか?

「あった!マーク」

「あった!マーク」を貼ることにより落し物を拾った人が「あった!マーク」のセンターに連絡をして落し物や忘れ物を探してくれるサービス。「あった!マーク」によって落し物を届けてくれるかもしれないです。

警察本部が開設するホームページ

落し物をした日付や場所などを入力すると、条件に当てはまる遺失物の拾得場所や保管期間、連絡先などを確認できます。 一部の警察本部では、検索方式ではなく、拾得物の一覧表を表示してくれるサービスです。 もしかしたらあなたの落し物を探し出せるかもしれません